トレンド一覧

ピーチ航空の利用の仕方

ピーチ(peach)航空は、関西空港を拠点に国内・国際線を運航する日本初のLCC(格安航空会社)です。

ピーチの最大の魅力は、航空券の安さです。JALやANAなどと違い、格安で航空チケットが買えます。もちろんJALやANAと同じようにサービスを期待することはできませんが、近距離を移動するだけを目的とするならぜんぜん問題ありません。

ピーチの航空券バーゲンセール

特に不定期に行われるセールでは、超激安チケットが買えます。搭乗便などの条件がありますが、時には1,000円台という常識はずれの価格で売り出すこともありますので、飛行機を使った旅行によく行く人はメルマガなどをチェックしておいてください。

ピーチの手荷物

ピーチ航空には、機内持込手荷物には大きさや重量などの制限があります。

機内持込手荷物の重量

機内にお持ち込める荷物は、合計10kgまでです。キャリーケースなどの手荷物1個とハンドバッグなどの手回り品1個の計2個です。

機内持込手荷物のサイズ

機内持込手荷物は、各辺が次のサイズを超えないもの。

3辺合計が115cm以内、各辺が55×40×25(cm)以内

ピーチのチェックイン

ピーチのチェックインは、ウェブ・チェックイン、自動チェックイン機、チェックインカウンターで行えます。各便によって出発からチェックインまでの時間が決まっていますので、事前に確認してチェックイン時間、搭乗時間に遅れないようにしてください。

ピーチに限らず、LCCはチェックイン時間や搭乗時間については厳しくて、時間を遅れると飛行機に搭乗できないこともありますので注意してください。

ピーチのチェックインの詳しい説明は、「関空・ピーチのチェックインカウンターは第二ターミナル、乗り場

ピーチの運行状況

天候や事故などで運行の遅れや運行中止になっていないかなどを事前に確認できます。

ピーチが運航している現在のフライトの運航状況を「ピーチの運行状況」から確認できます。

旅行に便利:ジョルダン乗り換え案内 – 時刻表・運賃・乗換案内・路線図


ジェットスターの利用の仕方など

ジェットスター(Jetstar)航空は、オーストラリアのメルボルンに本社をおく国内線・国際線格安航空会社です。

ジェットスターの最大の魅力は、航空券の安さです。JALやANAなどと違い、格安で航空チケットが買えます。もちろんJALやANAと同じようにサービスを期待することはできませんが、近距離を移動するだけを目的とするならぜんぜん問題ありません。

ジェットスターの航空券バーゲンセール

特に不定期に行われるセールでは、超激安チケットが買えます。搭乗便などの条件がありますが、時には1,000円台という常識はずれの価格で売り出すこともありますので、飛行機を使った旅行によく行く人はメルマガなどをチェックしておいてください。

ジェットスターの手荷物

ジェットスター航空には、機内持込手荷物には大きさや重量などの制限があります。

機内持込手荷物の重量

エコノミークラス

機内にお持ち込みいただけるのは、合計7kgまでです。キャリーケースなどの手荷物1個とハンドバッグなどの手回り品1個の計2個です。

ビジネスクラス

機内にお持ち込みいただけるのは、合計14kgまでです。キャリーケースなどのお手荷物2個とハンドバッグなどのお手回り品1個の計3個です。※お手荷物1個当たりの重量が7kgを超えないこと

機内持込手荷物のサイズ

機内持込手荷物は、各辺が次のサイズを超えないもの。

キャリーケースなど:H56cm/W36cm/D23cm

スーツカバーなど:H114cm/W60cm/D11cm

ジェットスターのチェックイン

ジェットスターのチェックインは、ウェブ・チェックイン、自動チェックイン機、チェックインカウンターで行えます。各便によって出発からチェックインまでの時間が決まっていますので、事前に確認してチェックイン時間、搭乗時間に遅れないようにしてください。

ジェットスターに限らず、LCCはチェックイン時間や搭乗時間については厳しくて、時間を遅れると飛行機に搭乗できないこともありますので注意してください。

ピーチのチェックインの詳しい説明は、「関空・ピーチのチェックインカウンターは第二ターミナル、乗り場

ジェットスターの運行状況

天候や事故などで運行の遅れや運行中止になっていないかなどを事前に確認できます。

ジェットスターが運航している現在のフライトの運航状況を「ジェットスターの運行状況」から確認できます。


スカイツリー展望台まで並ばずに入る方法

東京スカイツリーの料金

個人日時指定券(インターネット販売/セブン-イレブン販売) 大人:2,570円 中・高校生:2,060円 小学生:1,440円 4-5歳:1,130円

個人当日券 大人:2,060円 中・高校生:1,540円 小学生:930円 4-5歳:620円

スカイツリー展望台まで並ばずに入る方法

スカイツリーの展望台に上るエレベーターはいつもたいへん混雑していて、日曜や休日などは長時間並ばないと登れません。でも一般用のエレベーターの他に団体専用のエレベーターがあって、ここからだとほとんど並ばずに登れます。

団体専用のエレベーターにのるには、ツアーなどの専用チケットで入場できます。このチケットは、旅行会社のツアーでスカイツリーが見学コースに入っている場合や、はとバスなどの周遊バスのコースに付いている場合があります。

地方から観光に来てスカイツリーを見たい場合、ぜひはとバスを申し込んでみてください。もスカイツリー以外の観光もバスガイド付きで座っているだけでつれていってくれます。ホントに楽に観光することができます。

東京にお住まいの方もはとバスのスカイツリーが観光コースに入っているコースを申し込んでみてください。きっといろいろと新しい発見があって楽しめますよ。

東京スカイツリーの、最寄り駅、水族館、プロネタリウム、駐車場など

最寄駅は、東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー駅」または半蔵門線「押上(スカイツリー前)駅」です。

水族館は、すみだ水族館、プロネタリウムは、プラネタリウム“天空”

参考:すみだ水族館《入場料金10%割引》割引クーポンを入手する方法

東京スカイツリータウンへお越しの際は、 電車・バスなどの公共交通機関のご利用をお願いします。