マメ知識一覧

誕生日プレゼント&メッセージ

誕生日はどんな人にも毎年一回は訪れる大切な記念日ですね。

特にカップルにとって誕生日というのは、とても大事な行事の一つではないでしょうか。

そんな誕生日のプレゼントやサプライズを考えている人も多いと思います。

誕生日プレゼントには何がいいのか、相手に喜んでもらうにはどうしたらいいかを、一生懸命考えるのも楽しいひとときですね。

カップルだけでなく、家族、親しい友人への誕生日にもサプライズで贈ればより喜んでもらえるでしょう。

物だけのプレゼントではなく、日頃の感謝や愛情を込めたメッセージとともにプレゼントすれば、より喜んでもらえることでしょう。

誕生日プレゼント

毎年誕生日プレゼントを贈っていると、今年の誕生日プレゼントは何にしようかとやはり迷いますよね。

プレゼントを贈る相手にどうしたら喜んでもらえるか、毎年頭を悩ますことでしょう。

カップルであれば、指輪やネックレスなど、いつも身に着けておけるアイテムを誕生日プレゼントにすることも多いと思います。

誕生日プレゼントとしてだけじゃなく、ペアリングにしてお互いの名前やメッセージなど刻印を入れることで、誕生日が二人の大切な記念日となるでしょう。

親しい友人であれば、相手の好みも知っていることでしょうから、日頃使う便利なアイテムやオシャベリの中で欲しがっていたウェアなんかもいいかもしれません。

ご両親への誕生日プレゼントなら、物ではなく、旅行や食事などの記憶に残る体験をプレゼントされてはどうでしょうか。最近ではそういった体験をプレゼントできるサービスもあるようです。

このように贈る相手や予算などによって、どんなモノでも誕生日プレゼントになります。

重要なのは相手の誕生日を祝う気持ちが一番大切なんです。

誕生日のメッセージ

「お誕生日おめでとう」だけでは、やっぱり味気ないですよね。

日頃なかなか言葉に出して言えない感謝や愛情の想いをメッセージにして添えれば、より愛が深まること間違いなしですね。

そして「おめでとう」の言葉に付け加えるメッセージがより愛の深さを感じ取れると思います。

誕生日プレゼントには、メッセージカードを添えれるだけでプレゼントの価値が倍増します。

メッセージカードも様々なものが売られています。

普通のカードでもいいですが、いろいろなデザインのカードも売られていますので、記念になるようなものをチョイスされてはどうでしょうか。


結婚式

最近では結婚をしない若者が増えているようです。そして結婚をしても結婚式を挙げない「ナシ婚」というのも増えているようです。

まぁ昔と違って、同棲や「できちゃった婚」が普通のご時世なので、わざわざ結婚式を挙げなくてもいいという人が増えたのも原因のようですね。でもその一方でやっぱり一生に一度のことなので、結婚式は挙げておきたいという人もいます。

女性の場合は、やはりウエディングドレスや着物を着たいとかいう思いがあったり、一度は主役になりたい、友達を呼んでお祝いしてもらいたいと思う人もいるでしょう。

結婚式を挙げる理由

そもそも何で結婚式を挙げるのか、誰のために挙げるのでしょうか。人それぞれ考えはあると思いますが、現在ではやはり結婚する二人のために挙げるのが結婚式ではないでしょうか。

二人が最高に輝く瞬間をご両親や親せき、友人たちに見てもらいたいと同時に、二人で新しい人生を歩んで行くという決意を表明する場でもあります。

もちろんご親せきに出席してもらうことで家族同士のつながりを深めることができます。二人以上に結婚式を重要に思っているのは、ご家族かも知れません。

そして友人や知人には、これから一緒に人生を歩くパートナーのお披露目の機会もかねています。

このように結婚式はそれぞれの人たちにとって大切な役割を果たす大切な重要な儀式のひとつなんです。

結婚式で重要なテーマ

現在の結婚式には神様の前で誓う結婚式だけでなく、さまざまな結婚式があります。

しかし重要なのは、どんな形式で結婚式を行うかだけでなく、自分たちがどういった目的で結婚式を挙げたいのかをイメージすることだと思います。

二人の絆を神様の前で誓うことに重点を置く、家族、親族に安心してもらうため、友人や会社の同僚たちに祝福してもらう場にした、など、結婚式のテーマが大切です。

ただ単に豪華な結婚式場で挙げたいからとか、きれいなウエディングドレスを着たいからというだけの理由で結婚式を挙げるより、二人からのメッセージが伝わる結婚式の方が祝福されて、いつまでも記憶に残る結婚式になると思います。

もちろん結婚式には予算や日時、場所などもきちんと考えておかないといけません。

一緒に一度の二人の大切な思い出になるよう、二人でじっくりと時間をとって考えることが必要です。


オリンピック

2020年、いよいよ東京オリンピックが開催されますね。

4年に一度開催される世界的なスポーツイベントであるオリンピックは、普段スポーツになじみのない人でもテレビにかじりついてしまいます。

そんな一大イベントが東京で開催されるということで、今から見に行く計画を立てたり、オリンピック種目のスポーツを始めようとする人たちも多くいるようです。

日本のオリンピック
東京オリンピックの日程

オリンピックとは

「オリンピック」は、ゼウスの神殿のあったオリンポス(オリンピア)から古代オリンピックが始まったことから、この名前を冠して命名されました。

そして近代オリンピックは、4年に一度、夏季大会と冬季大会が開催されます。夏季大会は西暦で4の倍数の年に、冬季大会は夏季大会に2年ずらして開催されます。

夏季大会と冬季大会が交互に2年おきに楽しむことができます。

日本のオリンピック

日本がオリンピックに初めて参加したのは、1912年のストックホルム夏季大会で、男子陸上での参加でした。その後、1928年のアムステルダム大会からは女子選手も参加しました。

日本での開催は、1964年に東京で夏季大会を開催し、冬季大会は札幌と長野で行っています。そして2020年に東京で夏季大会の開催が行われます。

オリンピックに参加できる人は限られていますが、オリンピックを楽しむことは誰でもできます。

2020年以降は、いつ日本で開催されるか分かりませんので、今から東京オリンピックを楽しむ計画を準備していてはどうでしょうか。

人生の中でも日本で観戦できるチャンスは限られています。テレビで応援するのもいいですが、会場に出向いて観戦するといい思い出になることでしょう。

思い出をメッセージにして刻める「メッセージリング

東京オリンピックの日程

東京オリンピックの日程は決まっています。開催期間は、2020年7月24日(金)~8月9日(日)です。

開会式が、7月24日です。そして各競技ですが、例えばサッカーは7月22日から8月8日で国立競技場などえ、柔道は7月25日から7月31日で日本武道館で、近代五種は8月7日から8月8日で東京スタジアムほかで行わります。そして閉会式が8月9日です。